英会話するときに緊張しない方法

緊張しない方法3
例えば、外国人に突然英語で道を聞かれた場合、緊張してしまって何を言ったら良いのかわからなくなることがあります。

外国人と話す時に「緊張しない方法」はあるのでしょうか?

これは日本人の勉強のしかたの問題でもありますが、完璧な文法で話さなくてはならない、と強く思い込んで緊張してしまうのではないかと思います。

しかし、カタコト英語だろうが日本語だろうが「通じれば良い」と思えば「緊張しない方法」に繋がると思います。

流暢に話さなくてはならない、と思わなければ「緊張しない方法」が身につくのではないでしょうか。

英会話も日本語と同じ

英語も日本語も同じく「言語」であり、それをペラペラ話す人もいれば話さない人もいるのはその人のパーソナリティの問題です。

ですので、英会話だからって急に流暢に話せる必要はない、そう思えば「緊張しない方法」に近づけます。

自分と背負う文化や見た目や考え方が違う分、日本人同士より緊張するのでしょうが、同じ人間だと思えば「緊張しない方法」は日本人との会話と一緒です。

別に英語で道を聞かれたからといって、「あっちですよ」と指さしてあげるだけでもその人は助かるはずです。

地図を持っていたら「これ」と指してあげるだけで良い、と考えれば、外国人と話すのも「緊張しない方法」が身につきます。

英会話でも聴き上手に

英語であっても日本語と変わりなく「聴き上手」になる方法はあり、そのパターンを覚えれば「緊張しない方法」が身につきます。

つまり、相槌のしかたを幾つか覚えれば良いのです。

“Wow!” “Really?” “Too bad” “Oh, my God!”など、数パターン覚えて適切に使えれば「緊張しない方法」は身につきます。

ある意味、外国人から見て日本人「外人」ですから、わからなくて当然と思ってくれている分、日本人同士より楽かもしれません。

そういう意味では、外国人と完璧な英語を話そうと思わないことが「緊張しない方法」ということになると思います。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大