会話をする時に緊張しない方法

緊張しない方法2
人と会話する時に緊張してうまく会話出来ない、という人がいます。

「会話が続かない」「話が合わない」「人と話すのが怖い」など、会話が苦手と言ってもさまざまです。

会話をする時に「緊張しない方法」は、まずは会話を避けていては体得出来ません。

会話に入り、話したがりの人が多ければ、自ら「聴き役」に回ることで「話さなくては!」と力まず「緊張しない方法」に繋がります。

そして、逆に沈黙を恐れるがあまりやたら喋る人もいますが、「沈黙も会話」だと思えば「緊張しない方法」に繋がります。

会話のコツ

会話が苦手であれば、まずは天気のことなど、当たり障りのないところから話すことが「緊張しない方法」に繋がります。

そして、話している相手に関心を持つと、自然と相手の話に耳を傾けるようになり、「緊張しない方法」の一つになり得ます。

自分のことをどう思っているのだろう?と考えて話せなくなる人にはうってつけの方法だと思います。

それから、相手の話題についていけないという場合は「聞き流す」というのも「緊張しない方法」の一つです。

笑顔で「そうなのー」等適当に相槌を打ち、やり過ごすのも一つの方法です。

会話が怖い場合

対人関係への緊張や不安を持っている人は「人に嫌われたくない」という思いが人一倍強いです。

全員に好かれることはない、好きになってくれる人がいればいい、と思えるようになると「緊張しない方法」に一歩近づきます。

人前で緊張してしまった場合は「今自分は緊張しているな」「人を意識し過ぎているな」と自分をモニタリングすることで「緊張しない方法」を模索出来ます。

そして、緊張してしまう自分に対して「少しずつ慣れればいい」と思うことで負のスパイラルに陥らずに済みます。

好かれたいと思うなら相手に関心を持ち、相手の話を「上手に聴く」練習をすることで「緊張しない方法」に近付けます。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大