スポーツの試合中に緊張しない方法

緊張する場面とその克服法
個人競技でも団体競技でも、自分がミスしたらどうしよう…と思うと緊張してしまいます。

でも、それは相手(もしくは相手チーム)もお互い様です。

試合というものは「緊張するもの」である、と最初から思っていれば、「緊張しない方法」を考えるのに役立ちます。

けれども、試合というものは「緊張しない方法」に頼ると勝てません。

なぜなら、緊張していないと、ミスも出てきますし、瞬発力も出ません。

上記のものと少し違って、脱力していればいいというものでもないため、「緊張しない方法」という定義が難しいのです

試合前の対策

「緊張しない方法」というよりも「緊張しても大丈夫」な方法を模索するのが現実的です。

まず、「緊張しない方法」というか「緊張に慣れる」方法としては、試合の数をこなすことです。

出来れば大舞台で多くの経験を積むことです。

また、イメージトレーニングをし、自分のプレイを頭の中で何度も繰り返すことで「緊張しない方法」を身につけることが出来ます。

フィギュアスケートの浅田真央選手のように試合直前に音楽を聴いて、他の人の得点は見ないようにすることも無駄な「緊張をしない方法」の一つです。

野球の投手で、「打たせてアウトにする」と守備を信頼することも「緊張しない方法」に繋がると思います。

試合中の対策

「勝ちたい」という思いが強いから緊張するのであり、別に勝たなくてもいいやと思えば緊張はしません。

けれども、ガチガチになって何も出来なくなってしまうような緊張なら「緊張しない方法」を考えなくてはなりません。

まず、自分の意識を試合そのものに集中することで、周りの目などに対して「緊張しない方法」になります。

また、チームプレイの場合は、チームの皆を信頼すること(自分がミスしても誰かがフォローしてくれる)と思うことで「緊張しない方法」になると思います。

個人競技であれば、他人とではなく、自分と勝負している…と自分の内側を見つめることで不必要な「緊張はしない方法」になると思います。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大