演奏会で緊張しない方法

緊張する場面とその克服法
練習の時はちゃんとミスなく弾けていたのに、どうして本番では緊張して弾けなくなるのだろう…?

これはピアノの例ですが、どの楽器にも当てはまると思います。

そして、プロの方でも毎回緊張する、と言います。

本番で震えてしまったり、ミスしてしまったり、手汗をかいて鍵盤で手が滑ってしまったり。

では、少しでも「緊張しない方法」というのはあるのでしょうか?

どうすればなるべく普段とそんなに変わりなく演奏する「緊張しない方法」が生み出せるのでしょうか?

演奏会前の対策

まず、本番は「実力以上」が出ることは稀ですから、とにかく練習することが「緊張しない方法」の大前提だと思います。

そして、小さな練習会や演奏会などがあれば積極的に参加し、場数を増やしておくことも「緊張しない方法」になります。

自分の演奏を録音あるいは録画する、となると多分ものすごく演奏する時に緊張すると思います。

時々自分の演奏を録音や録画して、その緊張に慣れることも本番で「緊張しない方法」の一つです。

それから、つっかえないように何度も同じところを練習するのはもちろんですが、通して弾いた時に「曲をとにかく続ける」という練習も「緊張しない方法」として必要だと思います。

演奏会本番の対策

本番は、誰でも緊張します。

「緊張しない方法」の一つは、「緊張した時の自分の癖」を把握することです。

肩に力が入っていないか、力が入るならそれを抜く方法を知ることです。

また、演奏直前にテンポをカウントしてから演奏するのも「緊張しない方法」です。

大体緊張するとテンポが速くなる人が多いので、意識的にゆっくりめにカウントするのも「緊張しない方法」に繋がります。

そして、演奏する前に「間をとる」ことも「緊張しない方法」に繋がります。

弾く前に椅子の高さの調整をして間をとってから演奏するのも一つの方法です。

そして「他人の評価は考えない。」
これが「緊張しない方法」の王道だと思います。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大