書痙の症状

緊張という現象と現れる症状
書痙とは、緊張すると手が震え、字が書けなくなってしまう症状です。

特に、自分一人の時は大丈夫でも、人の目があると字が震えて書けなくなってしまいます。

また、字を書く時だけでなく、初対面のお客様にお茶を出す時にも手が震えてしまいます。

特に速記者、文筆家、教師など、字を書くことを仕事にしている人に発症者が多いと言われています。

人前であがって上手く字が書けなくなってしまうこの症状で、「緊張しなくなる方法」はあるのでしょうか?

書痙への対処法

書痙の症状が出ている時、手の筋肉がこわばって、緊張している状態だと思います。

手の緊張をほぐすことが「緊張しない方法」ということになります。

早く急いで字を書こうとすると、手や腕はどうしても緊張してしまうので、焦らずゆっくり書くことが「緊張しない方法」に繋がります。

あまりにも症状で苦しければ、抗不安薬を飲むことも「緊張しない方法」になり得るでしょう。

そして、字が震えても最低限の字が書ければ十分と受け止め、人前で字を書くことから逃げないことも「緊張しない方法」に近づく手段です。

書痙の克服法

「~しなくてはいけない」という独自のルールを作らないことが「緊張しない方法」の一つです。

「緊張してはいけない」と思うと逆に緊張するが、「緊張してもいいや」と考えると楽になります。

また、震えようが緊張していようが開き直って行動することで「緊張しない方法」に近付くことが出来ます。

それから、相手の評価ではなく、自分が今何をやるべきかの方に意識を向けることで「緊張しない方法」になり得ます。

そして、手の震えへの「とらわれ」が薄れさせることが出来ると「緊張しない方法」に繋がります。

それは一人でやろうと思っても難しいので、心理療法を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大