緊張により現れる体の変化

緊張という現象と現れる症状
緊張する過程としては「思考」→「感情」→「体の変化」という過程があります。

「思考」や「感情」をすぐに消すというのは難しいので、「緊張しない方法」を考えるときは「体の変化」に着目すると良いと思います。

緊張した時に出やすい「体の変化」を挙げてみます。

・肩が上がる
・声が上ずる
・早口になる
・視線が泳いでいる
・呼吸がいつもより早くなりがち
・全体的に硬直している
つまり、この反対が「緊張しない方法」を会得するヒントになります。

緊張しないための体の訓練

「緊張しない方法」としては上記の反対のことをすれば良いことがわかりました。

比較的やりやすいのが「ゆっくり呼吸する」方法です。

自分の呼吸を意識し、ゆっくり吸って、ゆっくり吐くことで「緊張しない方法」に繋がり、体が少しほぐれます。

また、全身の硬直を感じたら、1回思いっきり力を入れて脱力することが「緊張しない方法」を体が覚えると思います。

早口になる人や声が上ずる人は、意識的にゆっくり、低めの声で話すことで「緊張しない方法」が体得出来ると思います。

緊張しない普段の行動

上記のものは、人前に出ていく直前にやれる「緊張しない方法」を挙げました。

普段から出来ることとして、自分がうまくやれているという「イメージトレーニング」をすることで「緊張しない方法」に近づけます。

「自律訓練法」によって自分は自分でコントロール出来るんだというのがわかるのも「緊張しない方法」に使えると思います。

マッサージ等を受けて、体が弛緩しているのはこういう状態だとわかることも「緊張しない方法」を考える大事な要素になります。

寝る前に布団に転がり、ゆっくり腹式呼吸をし、呼吸を意識することも「緊張しない方法」に繋がっていきます。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大