緊張性頭痛の症状

緊張という現象と現れる症状
緊張性頭痛は、首や肩がこるという訴えとともに、頭痛が徐々に始まります。

後頭部の鈍痛が多くみられ、頭重感を感じる人も多いです。

この頭痛の要因はストレス、不安、うつ、睡眠不足などが挙げられます。

殆ど毎日頭痛が続くことがありますが、器質的な疾患ではなく、筋肉の緊張によって起こります。

ということは、「緊張しない方法」があると治せるのではないか、ということになります。

「緊張しない方法」があれば、この症状は軽減されるのではないでしょうか?

緊張性頭痛への応急処置

緊張性頭痛への応急処置としては「緊張しない方法」をなるべく実践することが大事です。

緊張しないというより緊張する状況を作らない、というところでしょうか。

まず、一休み、遠くを見る、お茶を飲むなどで「緊張しない方法」になり得る人もいます。

また、首や肩のこったところを指圧やマッサージをするのも「緊張しない方法」です。

また、肩こりなどに効くスプレーや貼り薬を用意し、こった部分に貼るのも一時的に「緊張しない方法」です。

緊張性頭痛への対応

鎮痛剤は、緊張性頭痛に対しては効きにくいです。

むしろ、生活習慣や環境を見直すことが「緊張しない方法」に繋がります。

病院では、筋弛緩系の薬や、抗うつ剤や抗不安薬で「緊張しない方法」に繋げていきます。

適度な運動も「緊張しない方法」には有効です。

根を詰めず、ウォーキング、水泳、ちょっとしたストレッチなどで構いません。

入浴や適度なアルコールも「緊張しない方法」に繋がります。

筋肉を温めると血流が良くなり、「緊張しない方法」というか緊張を緩め、頭痛が楽になります。

そして自律訓練法も「緊張しない方法」を会得するのに有効です。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大