チックの症状

緊張という現象と現れる症状
チック症は自分の意思と関係なく顔の筋肉が動いたり声が出たりします。

精神的に緊張している時、逆に緊張が緩む時に現れやすいです。

顔をしかめる、肩をすくめる、瞬きをする、うなるなどの症状が繰り返し起きてしまいます。

子どもの緊張に出やすい症状ですが、大人でTVに出る人でもチック症状のある人もいます。

チックがあっても社会生活にはさほど支障はないと言われています。

チック症状をやわらげる「緊張しない方法」はあるのでしょうか?

チックへの対応

これらの症状は故意に行われるわけではなく、本人もこの症状を「恥ずかしい」と感じています。

やたらに瞬きしていても「やめなさい」など制止すると余計緊張し、意識してしまいます。

周囲がその症状をからかったりすると、余計酷くなることもあります。

周りの人達がその症状について指摘せず、普通に生活し続けることが本人の「緊張しない方法」に繋がります。

チックは本人の「癖」と捉え、周りが「大丈夫だよ」と声掛けすることで「緊張しない方法」に繋がります。

また、自分自身にも「大丈夫だよ」と言い聞かせることが「緊張しない方法」に繋がります。

チックの克服法

チック症状はストレスが強い時になりやすいので、ストレス発散・気分転換を心がけることが「緊張しない方法」の一つです。

また、時間に追われるような生活にならないよう、ゆったり過ごすことも「緊張しない方法」に繋がります。

そして、睡眠不足もチック症状を出しやすくなるので、規則正しく寝ることも「緊張しない方法」に繋がります。

何よりも、ストレスになっているものの原因を取り除くことがいちばんです。

そして、本人が自己勘定や欲求を素直に表現出来るようになることも「緊張しない方法」になります。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大