緊張による動悸、多汗、震え

緊張という現象と現れる症状
緊張に晒されると、ドキドキと動悸がしたり、手が震えたり、大量の汗をかくことがあります。

特に人前で何かしなければならない時、「ちゃんとやらなくちゃ」と思うあまりに緊張が激しくなり、このような症状が出ることがあります。

緊張している時、人は体が硬直し、交感神経が働き、体温が高くなります。

どうしたらこんなふうになるまで緊張しないでいられるのでしょうか?

「緊張しない方法」はないのでしょうか?

「緊張しない方法」を敢えて探すなら、こういう時の自分の体が硬直していることを認識し、体を弛緩させるよう訓練することです。

動悸、多汗、震えへの対応

バセドウ病との関連がなければ、これらは緊張によるものです。

動悸は「ドキドキするのは生きている証拠」と捉え方を変えたり、胸に手を当ててゆっくり呼吸することが「緊張しない方法」に繋がります。

多汗は「私、汗っかきなんですよね」と皆に先に言っておくことにより「緊張しない方法」に繋がります。

周りは「あの人は汗っかきなんだ」と認知してくれるからです。

震えは「緊張すれば誰にでも多少はあるもの」と思うことで「緊張しない方法」に繋がります。

それでも日常生活に支障をきたす場合は、精神科に相談しましょう。

動悸、多汗、震えの克服法

まず、緊張を弛緩する練習―一度ぎゅっと全身に力を入れて脱力する、この状態を覚えることで「緊張しない方法」に繋がります。

また、呼吸法も「緊張しない方法」に使えます。

過呼吸症候群になると「ゆっくり呼吸して」と言われますが、ゆっくりの呼吸を意識することが「緊張しない方法」全体に使えると思います。

話す場面、人前に立つ場面などを想定しながら成功しているイメージトレーニングを行ったりたくさん練習するのも「緊張しない方法」になります。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大