視線恐怖症の症状

緊張という現象と現れる症状
自分が人から見られているように感じて緊張する。

人の視線のために動きがぎこちなくなる。

人の視線が気になり自分の目の前のことに集中出来なくなる。

こういう症状で社会生活に支障が出ている場合、視線恐怖症と言われます。

書痙や震えなどもこの要素を含んでいると思われます。

視線への「とらわれ」から解放され、「緊張しない方法」はあるのでしょうか?

「緊張しない方法」を身につけることで視線恐怖症は治るのでしょうか?

視線恐怖症の種類

自己視線恐怖症、正視恐怖症、他者視線恐怖症、脇見恐怖症と視線恐怖症でも幾つか種類があります。

ですが、どの視線恐怖症でも他者への過剰な意識により緊張し、恐怖症になってしまっています。

「緊張しない方法」をすぐに見つけるのはなかなか難しいです。

ですが、話をしようと思わずにまずは挨拶だけしようと心がけると「緊張しない方法」に近付けると思います。

それから、視線が怖いからと下ばかり見ないで、人を見なくても良いので「上を見る」ことも「緊張しない方法」に近付けると思います。

視線恐怖症の克服法

まずは過度に緊張している目を十分休めることが「緊張しない方法」の手助けになります。

また、「『自分』は相手をどう考えているのか?」を考えることも「緊張しない方法」になり得ます。

自分が相手を嫌悪しているがそれを否認する気持ちが「相手が自分を嫌だと思っているはず」と思わせるのかもしれません。

自分の考え方や行動という自分でコントロール出来る部分だけを何とかしようとするのも「緊張しない方法」です。

あとは、自分のいる場所には他に誰もいないと思い込んで他人を脳内から消し去ってみるのも「緊張しない方法」になり得ます。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大