過緊張の症状

緊張という現象と現れる症状
常に心と体が緊張状態にあり、自律神経のバランスを崩す「過緊張」というのがあります。

安眠出来ない、不眠、肩こりがひどい、手足が冷える、やたら汗をかく、週末に体調を崩しがち、などの症状があります。

几帳面で真面目な人がなりやすい状態ですが、本人にはあまり緊張しているという自覚症状がありません。

ストレスが主な原因とされています。自分の緊張をほぐすために「緊張しない方法」を身につける必要があります。

「緊張しない方法」を身につけてリラックス出来るようにすることがこの症状には重要になります。

過緊張状態のストレス解消

過緊張になってしまった人は、ストレスを解消し、自律神経を活発にすることで症状も和らぎます。

ゆっくりお風呂に浸かるのも「緊張しない方法」の一つです。

寝る前の10分でも良いのでハーブティーなどを飲んでホッと一息つくのも「緊張しない方法」の一つです。

または、好きな音楽を聴いたり、好きなアロマの匂いをかぐことも「緊張しない方法」です。

漢方の薬酒を飲むのも「緊張しない方法」です。

適量のお酒も眠りを誘うことがあります。

緊張しない状態を覚えさせる

自分でなかなか緊張が取れないと場合、体に「リラックス状態」を覚えさせる必要があります。

鍼灸、指圧、リフレ、アロママッサージ等で「緊張しない方法」を体に覚えさせます。

施術中にリラックスして時々眠ってしまう人もいるくらいです。

そういうところに通う余裕のない人は、家でストレッチをするのも「緊張しない方法」として有効です。

頑張ってストレッチをするのでなく、ゆっくり伸びをする感じで行います。

一度思いっきり全身に力を入れてからふっと力を抜く練習をするのも「緊張しない方法」を体に覚えさせるのに役立ちます。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大