スポーツ選手のイップス

緊張という現象と現れる症状
スポーツ選手も試合や競技の時、ものすごく緊張するそうです。

そんな中で、精神的な要因などでスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーが出来なくなることを「イップス」と言います。

野球の投手が打者を怪我させるほどの死球を投げた時、自分が落球したせいで試合を台無しにした場合に起こることが多いです。

これらも「失敗したらどうしよう」という緊張や恐怖からくるものです。

でも、選手達は「緊張しない方法」を身につけて復帰してくる人が多いです。

どうしたら「緊張しない方法」を身につけられるのでしょうか?

イップスの治療

WBCの時、クローザ―の岩瀬が何度も打たれたり、大事な場面でGG佐藤が落球し試合に負けるというのがありました。

当時の星野監督はイップスを心配し、彼らをいきなり元のチームに戻さず、少し休養させました。

治療としては、まず原因を発見し、失敗した場面を直視させます。

無意識に体が拒否反応している部分を見つけ、そこから直して徐々に成功体験させて自信を回復させます。

そうやって「緊張しない方法」を会得していきます。

そうすることで「緊張しない方法」を身につけ、また元のプレーが出来るよう配慮したのだと思います。

イップスへの対処法

イップスへの他の対処法としては、野球だとコンバートしてポジションを変えてしまう、というのもあります。

失敗に対する緊張の度合いが深刻な場合、スランプに陥った場合によく使われる方法です。

こうすることが守備で「緊張しない方法」になることがあります。

実際にコンバートして成功した選手も多数います。

野球生命を終わらせないために環境を変えるということも「緊張しない方法」に繋がっていきます。

また、1軍から一度2軍に下ろしてフォームや動きの再調整を行い、2軍の試合で自信をつけさせ「緊張しない方法」を身につけさせることもあります。

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大
kinchou0レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kinchou0レクタングル大